ビル管理の新たな要『防火対象物点検』

防火対象物点検は、ビル管理の中でも防災に着目したものです

ビル火災の根絶

夜の街をオレンジ色に染め、急いで駆けつけた消防車の真っ赤なボディに照り映えてひかる。
不気味な夜のビル火災。ホースから水がほとばしったり、救急車やパトカーが行き交ったり。野次馬がキャーキャー騒いだりと、そんな光景を見ることがあります。
21世紀とは行ったって、一歩間違えば燃え広がって大変なことになる、あの炎の野蛮な危険度に変わりはありません。
凄惨なビル火災事件は絶えませんし、それで亡くなる人もいます。が、このような悲劇はくり返してはならない。

そこで、ビル管理というものに新たな項目が誕生しています。その名も《防火対象物点検》という項目が。
防火対象物点検とは、「防火対象物」と呼ばれるものへの点検を行うこと……というのは、あまりにも直接すぎる言い方でしょうか。
つまり、ビル管理のうちでも特に防災管理ということにおける、「火災対策」の一環なんですね。

ここでは、悲惨なビル火災事故の件数を減らしていこう、いやゼロにしていこう!というビル管理の試みについて取り上げていくことになるでしょう。
ビル管理の試みについて。そして、防火対象物点検とはどのような成り立ちで出来ているものなのかということ。
さらには、《防火対象物点検》という仕事をもっと効率よく、スムーズに行なっていくためのシステムにはどんなものがあるかということを。

イチ押しリンク

ビルやテナントなどの防火対象物点検なら|防災サポート

カテゴリー
  • カテゴリーなし