火災からビルを守る防火対象物点検を徹底して行なおう

ビル

定期点検サービス

建物

ビルに設置されている防火対象物の点検は、もしもの時に備えて準備を指定置かなければなりません。オーナーが自分で行えない場合は、定期点検サービスを提供している業者に依頼をしましょう。

Read More...

ビル災害の根絶

道路

夜の街をオレンジ色に染めて、真っ赤なボディに照り映えてひかる消防車が急いで駆けつけた先には、不気味な夜のビル火災が見えます。ホースから水がほとばしったり、救急車やパトカーが行き交ったりと慌ただしい現場を見た野次馬がキャーキャー騒いでいる、そんな光景を見ることがあります。21世紀とはいっても、一歩間違えば燃え広がって大変なことになってしまう、あの炎の野蛮な危険度に変わりはありません。凄惨なビル火災事件は絶えませんし、それで亡くなる人もいます。このような悲劇はくり返してはならないのです。

そこで、ビル管理というものに新たな項目が誕生しています。その名も「防火対象物点検」という項目です。防火対象物点検とは、「防火対象物」と呼ばれるものへの点検を行うことなのですが、これではあまりにも直接すぎる言い方になってしまいますね。つまり、ビル管理のうちでも特に防災管理ということにおける、「火災対策」の一環なのです。

ここでは、悲惨なビル火災事故の件数を減らしていこう、それならばゼロにしていこうというビル管理の試みについて取り上げていくことになるでしょう。ビル管理の試みについて。そして、防火対象物点検とはどのような成り立ちで出来ているものなのかということを考えていくのです。さらには、「防火対象物点検」という仕事をもっと効率よく、スムーズに行なっていくためのシステムにはどんなものがあるかということを学ぶ必要があります。

資格者と責任者

男の人

防火対象物点検は、必ず専門的な知識を点検資格者が行なう事になっています。そして、統括防火管理をしている人も一緒になって取り組まなければ意味がありません。ビルの安全を守る責任がある為です。

Read More...

きっかけは2001年

作業員

過去に発生した火災事故がなければ、ビル管理について考える事は無かったと考えられます。これらの教訓を活かす事で、これからの生活に安全なビルを建てられるのです。その為にもしっかりと取り組んで行かなければなりません。

Read More...